先日、いろいろなところへ行く計画で
大分県入りしましたが…
お食事処でまさかの5時間待ちという
私の中で前代未聞の出来事がありまして。(笑)

前記事で紹介しましたね^^;


関連過去記事
【大分県佐伯市】大人気‼『塩湯』名物豪華海鮮丼を食べてきた!待ち時間5時間‼www



ランチ(早めの夕飯⁈w)を済ませお店を出る頃には、
すっかり夕方となっておりましたので
この日予定してた日程は全てキャンセル!となりましたが…
時間的に、1か所だけ行けそうな場所があったので
立ち寄りました。


これだけ待つとわかってれば
待ってる間に、十分行けた場所なんだけどね。(笑)


国宝臼杵石仏

image


もう、お土産屋さんなどは
片付けをされてたり、閉店準備をされてて
…あちゃ。もう無理か⁈となりつつ
先に進む。

image

お土産屋さんは17:00までなのかな?
17:30頃行って閉まってる店が多かったけど
石仏は、4月から9月までは19:00まで
10月から3月までは18:00まで
見学できるとのこと。

朝は、早く6時からOKだそうです。

image

高校生以上大人550円
小・中学生270円の拝観料が必要です。


ここ…覚えてる人いますかね?


去年…私、すっごいミスやらかしちゃってるんだよね。
ちょうど1年位前の出来事ね。

ちょうど1年前に~この道を通った夜~♪
昨日のことのよーに今はっきりと思い出す~by虎舞竜…トラブル。

いや、昼間のトラブルだけど。


はい、国宝石仏と思って見た場所が
全く違うスポットだったと、
あとあと知ってしまった衝撃ハプニング。


関連過去記事

【大分放浪記】国宝石仏と思って行ったら全く別スポットで大仏見てた件。




今回は、ひたすら国道沿いに登場する
【国宝石仏】【国宝石仏】【国宝石仏】の流れから
突如現れる【大仏入口】という
看板をしっかり無視。


ちゃんと国宝石仏へたどり着きました。


前回、間違えて行った場所を通り過ぎて
正式な国宝石仏に到着すると…

前回、間違えて行った大仏がある温泉が
目の前に見えてるほど近くの場所だった。
すっごいおしい場所までは来てたのね。(笑)

前回行った場所の山の裏手のような場所だったかな。


国宝石仏の場所はこちら↓↓↓↓




はい、約1年ごしに、
国宝臼杵石仏に来ることができました!!


image


1日、待つために座ってたので歩きましょう。(笑)

入口で、杖の無料貸し出しなどもありますが
個人的には、私でもそんなに問題になるきつさじゃなかった。

image

ここ臼杵石仏群は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて
彫刻されたという石仏が、60体以上あります。

このうち、61体が国宝として登録されていて
磨崖仏としては全国初・彫刻としては九州初の国宝です。

image

前回は、人工的な大仏を見て
これを彫った昔の人ってすごいな…と
思いましたがwwww

今回は、本当にすごいと思う。
…もう…何か私の説得力のなさ。(笑)


image

ちょっと崩れてたり見えにくくなっているものもありますが
これが、こんなにも長い年月このままの状態で
残ってるのって、すごいですよね。


いや…もうホント、前回のミスがある私が
何と言っても響かない気がするので
黙っておいた方が良いような気がするよね。(笑)

image

1つ1つ石仏は、表情が豊かで
険しい顔をされてる石仏から
微笑んでるような石仏までいろいろいらしゃるので
1体1体しっかり見てまわります。

image

歴史を感じる場所で、現代の技術も取り入れてあります。

ここ、臼杵石仏は4群にわかれてるのですが
1か所1か所、自動音声ガイドの案内を聞くことができるようになってます。


image

スマホでQRコードを読み取ると
無料で案内を聞くことができましたよ。


読み取るだけで、登録なども不要なのが良いね。

日本語だけではなく、いろいろな言語での案内があるので
海外からの旅行者にもありがたいシステムですね。


現在は。コロナの影響を受け
休止となってますが
10時から15時まで1時間程度
ボランティアガイドさんによる案内もあります。
※こちらは要予約で再開は未定。


image

自動音声を再生させると
このように、文字と音声での案内となります。


気になる所は、もう一度聞きなおすこともでき
自分のペースで何度も聞くことができるのが良いですね。

image

こういうシステムは、最近いろいろなところで
見かけるようになりましたが
すごく便利で良いな~と思います。


もっと、いろいろなスポットで欲しいなぁ…とも思う。


そして、現代の技術は他にも…

ここ、臼杵石仏、以前は石仏がそのままの状態で
雨ざらし日ざらしだったようですが
現在は、屋根などで囲ってあります。

image

劣化を防ぐという点でも良いと思うし
見る側も、雨の日などでも濡れずに見学することができる点が良いですね。
(屋根があるのは、石仏がある場所だけです。)


image


はい、1群を見たら次へ。

1日座ってた分までしっかり歩きますよ~!


image

階段がありますが、スロープもあるので
車椅子の方が一緒でも見ることはできるかと思います。
足が不自由な方のために
車椅子の貸し出しもありました。

ただ、坂道なので押す方は、注意は必要です。

image



本当に1体1体表情が違い
不思議と心が穏やかになるような気がします。


image


歴史や石仏が好きな人にとっては
とても興味深い場所ではないかな~


image


私は相変わらず
雰囲気に呑まれるタイプなのでw
しっかり見て回ります。(笑)

image

千年以上も、ここにこの状態で見守っていらっしゃる
たくさんの石仏ですが
これは、誰が何の目的で彫ったのか
現在でも謎に包まれたままだそうです。

image

これだけたくさんの石仏…
どれくらいの時間かけて彫ったのかも
気になるなぁ…


image

ここ、臼杵石仏は
険しい場所は苦手な私でも、
多少の息切れ程度で、回ることができるのがまた良いな~!

image


竹藪などがあるので、暗くなるとちょっと怖いかも⁈
ということで、恐らく夏場と冬場では
見れる時間帯が1時間違うと思うのですが…

冬場18:00まで…恐らく時間ぎりぎりになると
既に真っ暗だと思われますのでご注意ください。


image

外灯が何カ所かあったけど
やっぱりここは、明るいうちにまわるべき場所です。
と…暗くなりつつある時間帯に行った私が言う。(笑)

image

入場が遅い時間となったので
ちょっと当たりが暗くなりかけていたので
ちょっと急ぎ足で見てまわります^^;

image

↑この石仏は、とっても大きな石仏でしたが
仏像の輪郭が丸く目鼻がこじんまりとしていて童顔のため
子供ではないか?と言われているそうです。

通称【隠れ地蔵】とも言われているらしい。




そして、ラストの見学場所は
日本の石仏の中でも最高傑作の1つと言われている
大日如来があります。

image

お願いごとができるということでしたので…
何をお願いしましょうねぇ…

image

息子殿が、このコロナ禍の大変な時期に
就職活動をスタートさせましたので
息子殿が安定した会社に就職できるように祈願。

自分は安定しない仕事を好むけど
やっぱり息子には、安定した仕事について欲しいと思う母心。(笑)

image

コケやつたが絡まり見えづらくなってますが
金剛力士像も迫力があったなぁ…

image

他にもいくつか見るスポットがあったようですが
今回は、周りが暗くなってきているということで
おおまかな4か所のスポットだけを見て回り終了。


とてものどかな光景が広がってる場所にある
神秘的なスポットでした。

image

奥には、蓮畑もあり7月から8月には
大輪のハスの花が咲き誇る様子は
とても素晴らしいもののようです。


時間が時間だったこともあり
見て回ってるのは、私たちだけで
密になることもなく、
見学することができました。




ここから、熊本へと帰りましたが
すっかり夜ですね。


ホント1日何もできてないな。(笑)


でも、帰りに山の中で突如見えだした花火!!!


image

何の祭りだったのかわからないけど
山の中…恐らく地域の祭りとか
規模はそんなに大きくなさそうな祭りでした。


今年は、あちこちの花火大会が
コロナの影響で中止となっているので
夏の風物詩の花火も見れないな…と思う中
思いがけないサプライズ♪

image

あのお昼ごはんの待ち時間がなかったら
絶対この時間に、この山の中を通ることは
なかったはずなので、
綺麗な花火まで見ることができて
結果オーライね。(笑)


今回、行きたかった場所が
いろいろあるので、
また近いうちに大分県リベンジに行こうと思います♪



【国宝臼杵石仏】
住所:大分県臼杵市深田804-1
電話:0972-65-6080(国宝臼杵石仏事務所8:30~17:00まで受付)
営業時間:4月~9月6:00~19:00
10月~3月6:00~18:00
公式HP:国宝臼杵石仏公式HP





当ブログに記載情報は、あゆ姫訪問時の情報です。
(1・2カ月遅れで更新する記事もありますので公開時すぐでも最新情報とは限りません。)

情報内容に変更や閉店となったお店もありますので
正確な情報は、直接店舗様に問い合わせられるなど
読者の方、ご自身でご確認のほどお願いいたします。

また、完全に個人的主観で更新しています。




※このブログはおてもやんブログから
移転したブログです。

過去ブログはこちら↓

2012.4〜2017.3
あゆ姫の食い倒れ放浪記

2010.3〜2012.4
あゆ姫の放浪日記